2019.10.10

とにかく魚が釣りたい人におススメ!穴釣りって知ってますか?

穴に落とせば何かが釣れる!穴釣りってハズシ無し!?

何をやっても魚が反応しない。。。風が強くて釣りにならない。。。

せっかく釣りに来たのに、アタリも無く楽しめないままでは帰りたくない!そんな思いをしたことは一度や二度では無いでしょう?

そんな時に、是非オススメしたいのが「穴釣り」です!

穴釣りってどんな釣り?

穴釣りと言うくらいなので、もちろん穴を狙います!堤防周りには波除けとしてテトラポットが沈められていますが、そのテトラポットとテトラポットの間に空いた隙間がいわゆる「穴」だと思って頂ければいいです。

もちろんテトラポットだけでなく、敷石の隙間やケーソンの継ぎ目など、あらゆる隙間が狙い目となります。

そのような「穴」にはガシラやメバルなどの根魚が居ついている可能性が大なのです。

釣り方は簡単。その「穴」に仕掛けを投入し、底に着底したら少し竿を上下させて誘いをいれてアタリを探るのみ!

用意する道具も手軽でコンパクト!

何より、道具がコンパクトなので、普段の釣行に持って行っても邪魔にならないのがいいところ!

竿は穴釣り用の竿が売っています。足元の穴には特にこの専用竿が最適!とても短いので足元の穴が狙いやすい!少し目先の穴や、大型テトラの穴を狙うなどの場合は、短いサビキ用竿が使いやすいです。今回の釣行では、子供が使っている165cmのサビキ用竿を使用しましたよ。

スピニングタイプよりも、ベイトタイプの方が仕掛けを落としやすく、巻き上げやすいのでオススメですね!リールはどちらにしても、小型のリールなら何でもOKです。仕掛けを穴に落とせて、巻き上げるだけなので、性能は求めません。
専用の仕掛け「ブラクリ」が便利で使いやすい!

肝心な仕掛けに関してですが、色々なメーカーさんから、「ブラクリ」と言われる仕掛けが販売されています。オモリにフックが付いた単純な仕掛けですが、オモリを光らせてアピールするグロー素材を採用したり、目玉を付けてアピールしたりと色々と工夫されているので自作するよりも、市販品がオススメ!

糸にブラクリを結び付けたら、あとはエサを付けるだけ。エサはシラサエビから、虫エサ、魚の切り身など。エサ釣りをしている人は、余ったエサで手軽に遊べるので非常に便利ですね!ルアーフィッシングをしている人で、ワザワザ用意するのが面倒と言う方には、疑似餌のパワーイソメなんかもオススメですね!

今回は晩御飯に余ったブリの切り身で勝負です!普段はサバの切り身を使っているので、この日はかなりゴージャスなエサを使ってみました。

ブラクリに付けやすく、魚が食いつきやすそうな大きさにカットします。

きっちり顔を見せてくれる魚たち!!

エサだけ持っていかれることもシバシバですが、そんなアタリを楽しみながら誘い続けていると、安定のベラ&ガシラ!!

案の定、周りの釣り人さんの竿は何の反応も無し!潮止まりや強風時でも楽しめる「穴釣り」個人的に激推しです(笑)これからも勝手に穴釣り愛を発信していきますね!


穴釣り王にオレは なる!!


お子さんも楽しめる手軽な釣りですが、テトラポットやケーソンの隙間など、一歩間違えれば危険なポイントもたくさんあります。くれぐれも注意しながら楽しんでください<m(__)m>